出産お祝いの品

出産のお祝いに、ベビー服を中心に贈り方を紹介

贈り方

周囲の親しい人が赤ちゃんを産んだら、「出産お祝い」を贈ることが通例となっています。
ただ、一般的な贈り物と違い、出産のお祝いともなると、相手への十分な配慮が必要です。赤ちゃんを産んですぐのママは気持ちがナーバスになりがちなので、渡すタイミングや方法にも気をつけましょう。

母子共に健康であれば、産まれてから1週間ほどで退院できます。お七夜を過ぎた頃がベストです。自宅へ帰り、落ち着いた頃に届くように贈ると良いですよ。
出産後に贈るのが原則です。アメリカでは「ベビーシャワー」と称して出産直前のママへプレゼントを持ち寄る習慣がありますが、日本では妊娠中に渡すのは避けた方が無難です。

というのも、最近ではそうした事も少なくなってはいますが、赤ちゃんを産むのはリスクを伴うことで、異常が発生して死産してしまうということもあるからです。その場合、先に貰ったお祝いが哀しい思い出の品になってしまいます。

お祝いのプレゼントを、デパートなどから直送してもらうという場合には、メッセージカードで言葉を添えると先方にもより喜んでもらえるでしょう。
この時ののしは、表書きに「御祝」または「御出産御祝」と書くのが一般的です。水引きは、紅白の蝶結びです。






What's New

2013/02/18
耳より情報3を更新。
2012/11/15
耳より情報2を更新。
2012/07/04
耳より情報を更新。
2011/12/13
ベビー用品を更新。
2011/12/13
ベビー服の続きを更新。
2011/12/13
耳より情報を更新。
2011/12/13
月齢に合った服を更新。
2011/12/13
持参する場合を更新。
2011/12/13
出産お祝いの品を更新。
2011/12/13
ホームページリニューアル